綾野剛が本音吐露「褒めてよ、褒めてよ、もっと。たまにはさ」 何でも器用にこなすイメージも…

 俳優の綾野剛(38)が8日放送の「zero culture特別版『その素顔が知りたい。綾野剛』」(日曜後4・00)に出演。俳優の坂口健太郎(29)との対談を通じ“カメレオン俳優”としての本音を漏らす場面があった。

 綾野は「ずっと10代の頃から変わってないものって今でもある?」と問いかけると、坂口は「“自己愛”ですかね。自分を愛することみたいなこと。やっとこの年になって、振り返る余裕を持ったときに、僕は小さい頃からブレていなかったんだなって。だから、器用に見えて器用じゃないんだなと思いましたね」と語る。

 綾野は「そうだよ。器用に見られるだろうし、冷静にも見られるしね。健太郎はちゃんと熱さを持ってるし、(役で弾いた)ピアノだって死ぬほど練習したのに。あたかもパッとやれてしまったかのような印象になっちゃうしね。でも、それを含めてかっこいいじゃん。パッと出来てる印象でいいんだよ」とフォロー。

 「どの人に努力を理解されたいかって、どこまでも自分じゃない。『俺はこんだけやったんだよ』『こんだけ鍛錬したんだ』ということでしか、堂々とピアノ弾けない訳よ」と、坂口の努力を認めた。

 「俺もなんかなんとなく、パッパッてやれているように見られるから。『褒めてよ、褒めてよ、もっと。たまにはさ』って。『みんな当たり前な顔しないでよ』『めちゃめちゃ褒めてよ』みたいなね。褒められたらぐんぐん伸びるじゃない、我々さ」と語ると、坂口も「そうですね、確かに」と笑顔で応えていた。 

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!


お名前.com レンタルサーバー


利益率の高い本格的なネットショップを【カラーミーショップ】


山下智久がジャニーズ事務所を退所

 

 歌手で俳優の山下智久(35)が、所属するジャニーズ事務所を退所したことが「週刊文春」の取材で分かった。


山下智久 ©getty

 山下は、以前から「俳優でも歌手でもグローバルに活躍したい」と希望しており、今年6月、事務所に退所の意志を伝え、話し合いを続けていた。

「山下は契約が更新される今年12月での退所を希望したが、事務所は来年3月までの契約延期を提案。一度は、3月の退所で双方は合意しました」(事務所関係者)

 しかし、8月に「文春オンライン」が 女子高生モデルとのスキャンダル を報じ、山下は一定期間の活動自粛処分を受ける。

「この活動自粛期間中に、ハリウッド映画の出演オファーが届いた。ただ、自粛期間があけないと、撮影に参加できない。山下はチャンスを逃したくないと、退所を事務所に伝えて、撮影地のカナダに飛んだのです。山下は10月末の退所を希望して、ジャニーズ事務所と話し合った結果、退所で合意しました」(同前)

 今後、山下は海外での芸能活動を本格化していく予定だという。

「現在、撮影中の映画の他にも、ハリウッドの人気監督が手がける海外ドラマへの出演も決まっているそうです」(海外ジャーナリスト)

 山下とジャニーズ事務所の間には、何が起きていたのか。11月12日(木)発売の「週刊文春」では、活動を巡る長年の対立や、スキャンダル対応を巡る山下の不満、山下の運命が大きく変わることになった事件など、退所に至るまでの“全真相”を報じる。




黒木瞳に「ズレてる」と批判殺到、伊藤健太郎への「かわいそう」発言が物議

 
黒木瞳、伊藤健太郎「かわいそう」擁護に「ズレてる」「甘やかしすぎ」と批判殺到の画像1

黒木瞳Instagramより

 ひき逃げの疑いで逮捕され、10月30日に釈放された伊藤健太郎を黒木瞳が擁護するコメントが広まり、ネット上で批判が集まっている。黒木瞳は伊藤健太郎の主演映画『十二単衣を着た悪魔』で監督を務めた。

 黒木の第3作目となる監督作品『十二単衣を着た悪魔』には9月に大麻取締法違反で逮捕された伊勢谷友介も出演している。公開を危ぶむ声もあったものの、予定通り11月6日に公開された。7日の公開記念舞台あいさつには黒木や三吉彩花が登壇したが、逮捕された伊藤の話題は完全にスルー。9日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、黒木は伊藤について言及したがっていたが、スタッフが必死に止めたという舞台裏が明かされていた。

 黒木は、自ら伊藤を主演に抜擢するほど彼の才能にほれ込んでおり、我が子のようにかわいがっていたという。伊藤の逮捕劇に驚き、怒りを見せた黒木だが、一方で、伊藤について「1人で留置所にいると思ったらすごくかわいそう」「涙が出そう」と語り、「もし時間があれば会いに行きたい」と面会を希望したそうだ。また、伊藤の釈放直後には直接電話をかけ、号泣謝罪する伊藤を叱咤激励したという。

 ひき逃げの疑いで逮捕された伊藤を慮った黒木に対して、ネット上では「かわいそうなのはひき逃げされた被害者」「迷惑を被った業界関係者も大勢いる」「甘やかしすぎ」などと批判が殺到。これについても『バイキングMORE』ではアンミカが「誤解を受けやすい発言だったのでは」と言及していた。

 アンミカは<黒木さんは監督として自分が抜擢した伊藤くんへの思いもあるだろうし、1人のお母さんとして同じくらいの歳の娘さんを持つ母としての優しさもあると思うんですが>と前置きし、<やっぱり「かわいそう」という言葉は、まず被害者の方がかわいそうであって、一人で留置場にいることは自分がしたことの結果なので、そこはちょっと独り歩きすると黒木さんも誤解を受けやすいのかなと。実際はまず伊藤くんは被害者と向き合って、仕事で迷惑をかけた皆さんと向き合って、で、戻りを諭された運転手さんにお礼を言い、そして向き合って向き合って一人の男性として心を立て替えてから皆さんに応援していただくっていう手順が美しいのかなっていう気はしますけどね>と話した。

 また、坂上忍は「かわいそう」という発言がどのような文脈で出たのか、スポーツ紙の記者の切り取り方に問題はないのかと指摘。<切り取られた言葉だったとしても世間の方は「擁護の言葉」だって受け止めて、それは批判の対象には今のご時世なりかねない>と、状況を分析した。

 伊藤健太郎はすでに出演ドラマや主演舞台を降板しているが、ひき逃げ行為の悪質さと、事件後に続々暴露されている態度の悪さなどから、以前と同じような役者としての活躍は難しいと見る向きが強い。坂上も<すぐに擁護はできない><誰にでも間違いはあるんだから復帰に向けて……なんて言葉は言えない>としたが、一方で、禊を済ませてセカンドチャンスをつかむ権利はあっていいと述べた。




酔った女性に口移しでお茶、大手銀行員「介抱するふりして…」そんな事すると病気うつされるぞ

 警視庁大井署は8日、東京都品川区西大井、みずほ銀行行員の男(25)を強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。

 大井署幹部によると、男は7日午前6時頃、大井町駅前の商業施設で、酒に酔っていた飲食店員の20歳代女性に「大丈夫ですか」と声をかけ、ベンチに押し倒して下半身を触ったり、口移しでお茶を飲ませたりした疑い。「介抱するふりをして体を触った」と容疑を認めている。 

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!


お名前.com レンタルサーバー


利益率の高い本格的なネットショップを【カラーミーショップ】


学術会議問題の“黒幕”杉田官房副長官 高校卒アル寄せ書きに自ら「秀才」の仰天

 菅首相の答弁が二転三転した「日本学術会議」の会員候補6人の任命拒否問題は、杉田和博官房副長官(79)が“下手人”だった疑いが高まった。

 杉田副長官の国会招致を求める野党側に対し、与党側は応じない姿勢を崩していないが、それにしても政府・与党はなぜ、頑なに杉田副長官をかばい続けるのか分からない。

 警察庁出身の杉田副長官が官邸に初めて入ったのは、1983年に後藤田正晴元官房長官の秘書官事務取扱を務めた時だ。この時、安倍前首相や菅首相はまだ国会議員にすらなっていないから、杉田副長官としては内心、「俺の方が総理にふさわしい」と思っているのかもしれない。なるほど、「陰の総理」「官邸の守護神」などと呼ばれているわけだ。

 エリート官僚にありがちな「勘違いのパワハラタイプ」の典型だが、その片鱗はすでに高校時代から見られたようだ。日刊ゲンダイ記者が入手した杉田副長官の母校である「埼玉県立浦和高校」の1960年の卒業アルバム(3年2組)の寄せ書きには、自分についてこう書いている。

「桐山(担任)門下の秀才 スギタ」

 浦和高校は昔も今も埼玉屈指の名門校。その秀才が集まる中で、自分自身を「秀才」と書くのだから、よほどの自意識過剰かトンチンカンのいずれかだろう。菅首相は学術会議の会員構成について「民間出身者や若手が少なく、出身や大学に偏りが見られる」というのであれば、第2次安倍内閣がスタートした2012年12月から官房副長官を務め、もうすぐ80歳になるという人物が官房副長官に就いている状況こそ早急に見直すべきではないのか。 

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!


お名前.com レンタルサーバー


利益率の高い本格的なネットショップを【カラーミーショップ】