CHAGE and ASKA、まるで「泥沼離婚劇」……脱退発表直前のインタビューに“すれ違い”?

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 無期限活動休止状態のCHAGE and ASKA(以下、チャゲアス)だが、8月25日をもって、ASKAが“脱退”すると衝撃の発表を行った。7月時点で、一部週刊誌において「解散を希望している」と伝えられていた中、前代未聞の“デュオ脱退”に至ったのは、ASKAにとっては苦肉の策だったのだろうか。

 7月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、ASKAは10年以上前から解散を希望していると伝えており、CHAGEとは連絡を取ることもままならない状況だったという。しかし、ASKAはデュオ結成日となる8月25日までには、なんとしても解散したいとの思いがあったそうだ。

「対するCHAGEは、この『文春』報道を受けてか、7月16日発売の『女性自身』(光文社)のロングインタビューで、『解散を考えたことはありません』と断言。自身のソロ活動について話しながらも『いまは二人で活動再開をするその日のために、力をためる時期なんだと感じています』と、いつか来る再結成への期待感をにじませていました」(週刊誌記者)

 そして“Xデー”と言われていた25日の前夜、ASKAは自身のブログに、長文で“脱退”についての思いをつづった。

「文章自体は、以前から準備していたものということで、途中何度もCHAGEに対しての不信感が書かれていました。特に、週刊誌を通じて世間やファンにメッセージを出したことについては、『僕の生き方にはありません』と突き放し、ここ最近のCHAGEの言動に関して、かなり疑問を抱いていることを暗に示しています」(同)

 その後、CHAGEもファンクラブサイト内で文書を公開しているが、双方とも共通している言い分は、「二人で話し合おうとしたのに、実現できなかった」というものだった。

「食い違う言い分に、解散を『したい』『したくない』という対立する主張がかぶってくるとあって、メディア関係者の間では『まるで泥沼離婚劇』と言われています。くしくもCHAGEは、インタビューで自分たちの関係を『夫婦のようなもの』と言っていて、“離婚”に応じる気はさらさらなかったようですが、ASKAはASKAで、思いもかけない“熟年別居”を選択したと。双方とも、これ以上の取材に応じるつもりはないようですが、この突然事態に動揺を隠せないばかりか、未練を感じさせるCHAGEは、今後何らかの形で、デュオ解消についてアクションを起こす可能性もあります」(テレビ局関係者)

 CHAGEの文章には「そして今でも僕らの音楽を愛してくれている人の為にも、歌い続けたいと思います」という一文があるが、ファンはこの“泥沼”をどのような気持ちで見ているのだろうか。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント