ガウチョはもうダサ子?ワイドパンツ系アイテム、今のアリ/ナシ基準

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】


 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。トレンドの変化は2~3年スパンで変化しますが、ここ数年間は体型カバーに役立つワイドボトムが主流となっていますね。私が記憶する限りでは、2013~2014年あたりからガウチョパンツが流行し、以降その後を続くようにワイドパンツが台頭しています。

 ということは、もう5年以上は体型カバーを中心に楽チンで動きやすいファッションアイテムが支持されていることになっています。そしてこれからもワイドボトムの流行はしばらく続いていきそうな予感。

 しかし、ワイドボトムと一言にいっても、その年によって微妙な流行の変化があるようで、その違いを見極められないと一歩間違えば古臭い印象になってしまうかもしれません。そこで今回は、ワイドボトムのトレンド変遷についてご紹介いたします。

◆明確な住み分けがわからない、ワイドボトム

 ワイドボトム流行の発端はガウチョ。2012年頃から徐々に出始めてきて、大きなブームとなったのは2013年頃でしょうか。それより前は、バギーパンツとワイドパンツよりもっと太めのボトムが流行していたのですが、ガウチョはバギーパンツより丈も短く、足がスッキリして見えるということで人気になりました。

 その後、ガウチョよりも丈が短いスカーチョ(スカート風ガウチョ)が登場し、立て続けにスカンツ(スカート風のワイドパンツ)が出てきました。スカーチョ・スカンツはガウチョ・ワイドパンツに比べて柔らかい素材で、質感がよりスカートに近いもの(だけどパンツ)というワイドボトム流行の派生でできたファッションアイテムですね。

 一番丈が短い膝丈がスカーチョ、ついで膝~膝下丈のガウチョ、ミモレ~足首丈がスカンツとワイドパンツというように丈の長さの違いと服の素材の違いで呼び名を分けています。が、実際のところ現在はスカンツ・スカーチョという呼び名自体がほぼなくなってしまい、ワイドパンツという総称一択になっているようなイメージがします。

◆ガウチョ・スカーチョ、今年でも大丈夫な基準は?

 残念なことに、一昨年あたりからボトムの丈はより長いロング丈が支持されています。スカート、ワイドパンツはもちろんのことアウターも足首近くまで長いスーパーロング丈のアイテムも多く登場していることから、ガウチョ・スカーチョは絶妙に丈のバランスが取りにくいアイテムとなってしまいました。

 じゃあガウチョとスカーチョはもう流行遅れの古臭いアイテムか?……と言われれば実はそうでもありません。シルエット自体、どちらもベーシックなスカートシルエットなので現在も着ていておかしいと思われるようなアイテムではありませんのでご安心ください。

 ただ、新しくガウチョ・スカーチョを購入したい! という方は、特別気に入ったデザインがなければ今はパンツではなくスカートを選ばれるほうがオススメです。というのも、昨今はもうワイドパンツorフェミニンなスカートという2大巨頭が主力アイテムだから。スカーチョでは表現できない異素材ミックスなデザインスカートも多くあるので、そうした新しいアイテムに注目してみるのも良いかもしれません。

 手持ち服であるガウチョ・スカーチョもシンプルな色合いやキレイめ感のある素材ならOKですが、ヨレヨレ感が出ているものや、着膨れ感を感じさせるようなデザインであれば潔くお別れをしましょう。ただ夏場にはすごーく楽チンなアイテムであることも否定できません……! 捨てる前に夏限定の部屋着にするなど、使いどころを見極めてみてくださいね。  


365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック