IKKOさん「笑いの素人」なのにTVでウケる理由

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

 テレビに出ているオネエ系タレントの中で、人気・実力ともに最高峰と言えるのはマツコ・デラックスさんでしょう。毛色の違う冠番組を多数抱え、いずれも人気を博しています。

 そんなマツコさんが、オネエ系タレントの中で唯一「あの人にはかなわない」という人がいます。それが美容家のIKKOさんです。確かに、IKKOさんがバラエティー番組に出たときの破壊力はすさまじいものがあります。

 ヘアメイクの世界で圧倒的な実績を誇り、「美のカリスマ」と呼ばれているにもかかわらず、テレビでは体を張ってバカバカしい企画に真剣に挑んでいきます。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、落とし穴に落とされて、かつらが取れてしまったのはもはや伝説になっています。

■再ブレイクした「美のカリスマ」

 IKKOさんはここ10年あまりテレビに出続けている息の長いタレントですが、最近はとくに注目度が高まっていて、再ブレイク中とも言われています。そのきっかけになったのは、チョコレートプラネットの松尾駿さんがIKKOさんのものまねでブレイクしたことです。

 松尾さんはバラエティー番組でもIKKOさんの格好で出演することが多くなり、今では本人よりもテレビで見かける機会が多いほどです。

 松尾さんのものまねは、声も見た目も本人そっくり。2007年に新語・流行語大賞トップテンを受賞したIKKOさんの決めフレーズ「どんだけ~」も、松尾さんの活躍によって改めて注目されることになりました。

 タレントの中には、ものまねされることを嫌がる人もいるようですが、IKKOさんは松尾さんのものまねの面白さを認めて、大絶賛しています。「松尾ちゃんは私の妹」と公言して、着物をプレゼントしたりしています。テレビで共演して、2人で「どんだけ~」をユニゾンで響かせていることもあります。

 IKKOさんの代名詞とも言えるのが、「どんだけ~」「まぼろし~」「背負い投げ~」といった決めフレーズの数々です。芸人にとっての「ギャグ」のようなものです。芸人は自分のギャグを言う機会をつねにうかがっています。ほかの芸人から話を振られると、すかさずお決まりのギャグを返していきます。

 一方で、IKKOさんは必ずしもそうではありません。テレビを注意深く見ていると、IKKOさんは決めフレーズをそれほど頻繁に言っているわけではありません。また、共演する芸人などが明らかにそれを引き出すために話を振っていても、決めフレーズでうまく切り返すことができず、グダグダになってしまうこともあります。 

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

バイクブーンなら高額査定で本当の金額がわかります。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック