藤井聡太棋聖 一夜明け会見全文「将棋は難しいゲーム。まだ分からないばかりなので探究心を」

 将棋の藤井聡太棋聖(17)が17日午前、史上最年少タイトル獲得から一夜が明け、大阪市の関西将棋会館で行われた会見に臨んだ。

 以下、一問一答全文。

 ―一夜明けて、あらためて棋聖獲得の感想を。

 「まだ棋聖獲得について実感はないですけど、これから徐々に実感する場面が増えてくるのかなと思います。渡辺先生と5番勝負を戦えたことは自分にとって良い経験になったのかなと思います」

 ―家族に連絡は。

 「電話で家族に報告しまして、喜んでもらえました。まあ…でも結果は知っているのかなと思いますので、自分からは特に何も(笑)。母には『よかったね』と言ってもらいました」

 ―師匠とも話を?

 「昨日の会見に同席してもらいましたけど、喜んでもらいましたし、竜王戦で師弟戦(藤井棋聖の勝利)があったんですけど、竜王戦も頑張ってね、と言われました」

 ―色紙に「探究」と揮毫した思いは。

 「タイトルを獲得できましたけど、将棋は難しいゲームです。この立場になってもまだまだ分からないばかりだと思いますので、これからも探究心を持って盤上に臨みたいという思いを込めました」

 ―棋聖と呼ばれて。

 「慣れない感じはしますけど、これからタイトルホルダーとしての立ち居振る舞いなども勉強していけたらと思っています」

 ―5人目の中学生棋士としてのタイトル獲得に得て 「そのことについてはあまり…自分としては意識していなかったですけど、過去に中学生棋士になられた先生は素晴らしい実績を残された方ばかりですので少しでも近づけたのはよかったなとは思います。これからも先輩方の姿勢を見て、自分としても成長できたらなと思います」

 ―17歳でのタイトルは早かったか遅かったか。

 「棋士になった段階で、タイトルを目指していたんですけど、なかなか遠いものでもあったので。棋士になってからの3年半で経験で成長できたことが今回の結果につながったのかなとは感じています」

 ―王位戦(木村一基王位に挑戦中で2勝0敗とリード)では次局から棋聖として指すことになる。

 「ここまで王位戦を2局指して、木村王位の力強い指してに苦しめられる場面も多かったので、そのあたりを反省して第3局以降、良い内容の将棋を指せたらと思います」

 ―将棋を指す上で、相手は関係がないという印象も受ける。

 「将棋は盤上を通したコミュニケーションという面があります。直接的ではないかもしれませんけど、相手の指し手を見て、対局者によってそれぞれいろいろな発見があるのかなと思います」

 ―どこがいちばん成長した部分と思いますか?

 「プロになってからトップ棋士の方と対戦することができて、自分の課題を見つけることができたと思います。中盤の指し回しなどはデビュー当時から比べると成長できたのかなと思います」

 ―将棋をしている子供たちへのメッセージを。

 「自分としては夢中に取り組んで来たのがここまでにつながったと感じているので。好きなことに全力で取り組むことを大切にしてほしいなと思います」

 ―タイトル戦が続くが、大勝負に向けての思いは。

 「棋聖戦でも王位戦でも。渡辺先生、木村先生に番勝負で教われるのは貴重な機会。シリーズを通して成長したい思いはありました」

 ―今後の課題は。

 「自分の将棋はまだまだ課題が多いかなと思っているので、どのような局面でも最善に近づけるような対応力を伸ばしていきたいなと思っています」

 ―昨日の将棋について、△3八銀の局面のあたりが決め手に。

 「中盤は渡辺先生に厳しく攻められました。(△3八銀の局面は)受けに回る手もあったと思いましたけど、うまく受かる手が見えなかったので、先手玉に嫌味をつけて勝負できればというふうに考えていました」 

ロリポップ!レンタルサーバー
お名前.com ドメイン登録

"藤井聡太棋聖 一夜明け会見全文「将棋は難しいゲーム。まだ分からないばかりなので探究心を」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント