相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開のタイミングとメンバーの温度差

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

 錦戸亮(36)がジャニーズ事務所を9月いっぱいで退所することが明らかになり、「関ジャニ∞」が揺れている。しかし「嵐」のファンには明るいニュースが舞い込んで来そうだ。

 グループとしての「活動休止」を今年1月に発表した「嵐」は、8月24、25日の「24時間テレビ」(日本テレビ系)で6年ぶり、5回目のメーンパーソナリティーを務めた。

 注目を集めたのは相葉雅紀(36)が他のメンバー4人に向けて読み上げた手紙だ。15年前に「嵐」が初めて「24時間」のメーンを務めた時も、相葉はメンバーに向かって「トップになりたいという僕たちの夢、絶対にかなえようね!」と語りかけた。

 今回の手紙は15年前の続きで、相葉が手紙を読み始めると、両国国技館にいた1万人以上の観衆は静まり返った。内容は以下のようなものだった。

〈「メンバーに手紙を書くのは20年で2回目になります。(中略)1999年にデビューして20年が経つね。1日、1日を本気で、全力で生きてきたよね。(中略)メンバーがいたから僕は成長させてもらいました。本当に本当に感謝しかないです。(中略)僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバーひとりひとりが愛している『嵐』のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね。(中略)本当に本当に『嵐』でよかった〉

 相葉が手紙を読んでいる間、ハンカチを目頭に当てるファンもいた。

 ただ、「オンエア中の嵐のメンバーに感傷的な雰囲気は感じませんでした」と「24時間」のスタッフのひとりは証言する。取材を進めると、どうもメンバーの間には微妙な温度差があるようだ。

 相葉が手紙を読み上げる演出は当然、他のメンバーにも知らされていたといい、それをスタッフから聞いた二宮和也(36)の反応は「あっ、そう……」と素っ気ないものだったという。

 嵐の活動休止は大野智(38)の「しばらく休みたい」という意思に沿う形でメンバー5人で決断したことになっている。その大野も淡々と打ち合わせをこなしていたという。

 番組終了の約40分前に相葉の手紙の朗読が行われたことに違和感を覚える関係者もいたようだ。

「手紙を読み上げるとしたら、あのタイミングしかなかったのでしょうが、それにしても……大体『嵐』が活動休止を発表してからまだ半年、2020年末まであと1年以上も仕事が残っています。特に来年は東京五輪の他にも大きなイベントが目白押し。何もあのタイミングで大々的に“再結成”をアピールしなくてもいいのでは……」(芸能プロ関係者)

 図らずもメンバーは、全国の視聴者の前で再結成を約束させられるような形になってしまった。

「あの演出に関しては所属事務所の“思い”のようなものも込められていたのでしょう。グループには『再結成をファンの前で約束したからね!』と。ファンには『再結成時は応援をお願いします』と。あの手紙にはそんなメッセージ込められていると感じました」(前出の芸能プロ関係者)

 では、果たして2020年末の活動休止からどれくらいで活動再開と流れるのか。

「もともとグループの活動休止に反対だった相葉を中心に、メンバー間の根回しが進んでいくことになるでしょうね。早ければ2年程度……活動再開を求めるファンの声が強ければ、2021年にも再開に踏み切る可能性もあります」(テレビ局関係者)

 実はすでに一部民放では、「活動再開」に関するプロジェクトが立ち上がっているともウワサされている。しかし、この企画で最大の障壁となるのが大野だ。果たして1年や2年で大野は十分に休養できるのか。

「櫻井翔(37)は複数のインタビューの中で『嵐には1人が嫌だと言ったことは絶対にやらないというルールがある』と明言しています。ただ、嵐は年間300億円以上も稼ぎ出すスーパーグループですから、事務所としては1分、1秒でも早く再結成して欲しい。これをどのようにクリアしていくかが課題になるでしょう」(前出のテレビ局関係者)

 1月の会見でメンバーたちは「5人でなければ『嵐』ではない」と繰り返したが、果たして本当にそうなるのか。大野の今後の動向から目が離せなくなってきた。 

みんなが気になる、あなたのブログ レビューブログ

スマホで簡単♪商品調査スタッフ募集

月2万円稼ぐモニターも/リサーチパネル

あなたの番です1話から配信中(日テレ)


"相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開のタイミングとメンバーの温度差" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント