小泉孝太郎、"総理の息子"が俳優になれたのは「KYでよかった」

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 現在放送中の、テレビ東京系ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(毎週金曜20:00~20:54)の主演を務める俳優・小泉孝太郎。同作は2016年1月クールに第1弾が放送され、"空気は読めないが事件は読める"エリートキャリアのKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、"男まさりで口の悪い"ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)のコンビが人気に。異例の4シーズン目に突入した。

2001年に当時の総理大臣・小泉純一郎の息子としてデビューした孝太郎だが、俳優として実直に挑み、作品に欠かせない存在となった。さらには情報番組やオリンピックキャスターなど活躍の場を広げ、ますます自由に羽ばたいている。そんな小泉孝太郎に、『ゼロ係』で演じる冬彦の魅力、そして自身のこれまでについて話を聞いた。

■『ゼロ係』SEASON4で衣装がトマト柄に

――『警視庁ゼロ係』のシリーズが2016年にスタートするというとき、「エリートでKYの刑事」という役をふられた心境はいかがでしたか?

僕自身は、撮影に入る前の段階では、今演じているような冬彦のキャラクターというものは全く想像していませんでした。もっと嫌味で、頭は切れるけどプライドが高くて人を見下したりしていたりして嫌われるタイプの路線を考えていたんです。でも、監督と話したところ、「原作にはそういう部分があるけれど、ドラマの冬彦は、どちらかというとみんなに愛されるキャラがいいと思ってる」とおっしゃっていて、「それなら僕も、大人だけど子供っぽいところがあって、無邪気でKYなキャラクターにシフトチェンジしますね」と言ったのを覚えています。もしも今のような冬彦じゃなかったら、シーズン4まで続いていなかったかもしれないですね。

――今日はトマトのシャツでいらっしゃいましたが、衣装についても予想外でしたか?

最初はびっくりしました。僕が赤で松下由樹さん演じる寅三先輩が青、ほかの皆さんにもそれぞれ色があって、ヒーローものみたいだなと。でも、監督の狙いがじわじわと浸透してきて。刑事ものってスーツで暗い色の衣装になりがちだけど、僕らの場合はカラフルでガチャガチャしてるのがいいですよね。

――トマトになるまでの衣装の経緯は?

夏に放送することが多いので、季節にあった野菜や果物をテーマにしています。シーズン1がいちご、2がスイカ、3がとうがらし、そして4がトマトです。僕が冷やしトマトが苦手なんで、これまで避けてきたんですけど、赤いものがだんだん少なくなったので「もういいですよ」っていうのと、寅三先輩が「トマト野郎!」って言うのもいいかなって(笑)。

――主演ということで、シリーズを通して心がけていることはありますか?

引っ張っていくとか、そういう気持ちはまったくないんですよ。それよりは、「和」という言葉のほうがしっくりきます。「みんなが和めばいいな」ということしか意識してないです。その日によって違う空気を壊さないようにして、いい環境、いい精神状態で撮影ができたらいいなと。そのためにも、僕自身の心身のバランスも整ってないと。それくらいです。

――よくこの番組関連で、「小泉さんにもKYなところがありますか?」と聞かれていると思いますが、ご自身はどう思われますか?

毎回阿佐ヶ谷の駅前で記者会見をしていて、駅のプラットフォームにいるみなさんに「聞こえますかー?」と大声で叫んだりしたんですが、そういうところは「KYなのかな」って(笑)。松下さんからは、「孝太郎くんは冬彦みたい」って言われるので、本当にそういうところがあるんだなと、最近は思います。

――具体的にはどんなところが似てると言われたんでしょうか?

“こう”と思い込んだら、そっちに突っ走るエネルギーが、冬彦っぽいと言われました。特に、『ゼロ係』のときは、「このセリフはこういう風に言いますね」と提案することが多いので。

――そういうKYな感じは、作品の現場によっても違ったりしますか?

冬彦は協調性や社会性のないタイプですから、そのときの自分の在り方も、もしかしたらほかの現場とは違うのかもしれないですね。冬彦の衣装をつけると、そういう気持ちになりますが、右に倣えということをしないでいいので痛快でもありますよ。

――近年だと『グッドワイフ』の多田先生とかは、衣装も違うし、現場での居方も違いそうですね。

全然違いました。『グッドワイフ』の多田先生をひきずっていたら、冬彦さんは演じられないし(笑)。『グッドワイフ』のときのほうが空気を読んでいる気がします。常盤さんが居心地よくいられるようにしたいなとか、お芝居についても繊細なところでやっていましたね。冬彦は大胆で思い切りよくやっていたので、作品によって、演技の匙加減が違います。

――キャラクターもかなり違いますしね。

『グッドワイフ』で演じた多田征大は弁護士で仕事もバリバリ。『ゼロ係』の冬彦は、警視という肩書はあるんだけど、冬彦個人のキャラクターそのものが求められていて、そこが違ったなと思います。若いときは肩書をあまり背負っていなくて、年齢を重ねると「父親」や「部長」という肩書が増えていって深みにもなる。若いときは肩書がなくても元気や無知であるというパワーで押し切ったりするけれど、歳をとると違ってきます。でも、冬彦の場合は、肩書もあるのに、違うものを求められるというのは面白いし、そこがほかの刑事ドラマとは違うところでしょうね。

――若いころは元気やパワーで押し切ったと言われてましたが、小泉さんの若いころはいかがでしたか?

経験も技術も自信もなくて、20代の10年間はとてつもなく長かったですし、苦しかったです。29歳のとき、「ここで自分の人生が終わっても、短くはないな」と思ってましたもん。

――そのころ、どんなお仕事をされていたんですか?

ちょうど29歳で初めて連ドラの主演をさせてもらったときで。中園ミホさん脚本でテレビ朝日の『コールセンターの恋人』という作品でした。そのくらいから、大きく変わっていった気がします。

――自信もついていったり。

徐々にですけどね。

■『ゼロ係』『下町ロケット』に出会えた

――20代でデビューされたときのことは覚えていらっしゃいますか?確かCMで注目されて、そのあとドラマに出られていて。

見るのとやるのとは違うな、と思いました。やってみたらなんて難しいんだと思ったし。今考えるとすべてにおいて甘かったところがあると思います。でも、憧れて入った世界だし、この世界にずっといたいと思ったから頑張れた。そのころは自分が連ドラの主演をできるなんて考えてもなかったですね。

――それが29歳で主演するようになったわけですが、どんな風に変化していったんでしょうか。

やっぱり夢中になれたことが大きいと思います。いろんなところにいた人が作品を通してひとつになる、そういうところを見てなんてすばらしい仕事だろうと思ったし、人が集まったときのエネルギーが大好きなので、現場にいると生きてるなという感覚があります。「現場にいたい」という気持ちがあるから、続けてこれたんだと思います。幸運にも仕事がずっとあって、そこで本物の人たちを見て、すごさを肌で感じる機会があったことで、できなかったこともできるようになっていきました。

――デビューされるときには、誰もが小泉さんのお父さんのことを知っている状態で、でもそのことで色眼鏡で見られるということもあったのではないでしょうか?

そこは、覚悟していました。でも、当時の自分もかなりKYだったんでしょうね。そういうKYなところがなかったら、総理大臣の息子が芸能界には入らない(笑)。そこをぱーんと突き抜けて、「自分はこれをやりたい、俳優・小泉孝太郎になりたい」と思って入ったので、想像通りでした。自分自身に「こんちくしょう」と思うような悔しさも必要でした。いまになって考えると、自分にKYなところがあってよかったなと思います。

――そういう声が気にならなくなったのは?

最初から、「一瞬だろうな」とは思っていました。自分が力をつければ、おそらく言われなくなるだろうなと。そのときは、そうやって都合よく解釈したのかな、とも思います。

――現在41歳になられて、これから50代、60代になったときのことを考えますか?

そこまでは考えていないです。どんな仕事が待ち受けてるんだろうと考えるくらいで。僕らの仕事は受け身なので、オファーがないと仕事ができないんです。自分をどんな風に見てもらえるんだろう、ということが面白いと思います。ただ、芸能界が好きなので、50代、60代になっても芸能関係の仕事はしていたいです。

――自分がどう見てもらえるかということでオファーが来た仕事の中で面白いなと思ったものはありますか?

20代はただ役者をやりたいと思っていたけど、いつの間にかテレ東テレビ東京で柔道の番組のMCをやってオリンピックにも行ったり、バラエティのレギュラーがあったり、情報番組でMCをしたり、予期せぬことがいっぱいあって楽しいです。自分の考えなんてちっぽけなもので、求められることに応えることが挑戦だなと。もし来年、役者の仕事がなくても、それはそれで面白い1年になるなと思えるだろうし、いい意味でこだわりがなくなってきたのかもしれません。昔は役者の仕事に集中したいと思ってたけど、バラエティの仕事がいい切り替えになったり、ストレス発散になったりね。とにかく、この仕事自体が好きだし向いてるんだなと思います。光と影はあるけれど、ここにしかない刺激や快感が確実にあります。

――今まで求められた役で、印象深いものは何でしょうか?

大きかったのは、やっぱり『ゼロ係』の小早川冬彦と、『下町ロケット』の椎名直之という悪役でしょうね。その2つの役と出会えたことで、今の自分があるんだと思います。今までやったことのなかった悪役と、冬彦のように子供みたいな役、両極端を求められるんだ、ということがわかったのは大きかったし、何かを変えてくれたと思います。

――その2つの役、時期的にはどんな感じだったんですか?

『下町ロケット』の撮影が終わった日に、『ゼロ係』のシーズン1の初日の撮影があって、僕は寝ずに現場に行ったことをはっきり覚えてます。2つの役を演じた2016年に、僕が今まで歩いたことのない道を歩かせてもらったような気がします。もし、その2つの役をやってなかったら、どうなっていたんだろう……。確実に今のような質と量で仕事ができているとは思えないです。よく、先輩の役者さんが「役とは出会いだよ」って言われることがありますけど、本当にそうだなと実感します。今もそう思いますけど、10年20年経ったら、もっと強く実感するんじゃないかと思います。


■小泉孝太郎

1978年7月10日生まれ、神奈川県出身。2001年にCMで芸能界デビューし、02年、テレビドラマ『初体験』で俳優デビュー。その後様々なドラマ・映画に出演し、NHK大河ドラマには『義経』(05)、『天地人』(09)、『八重の桜』(13)と3度出演。09年にドラマ『コールセンターの恋人』で初主演を果たし、近年は『ブラックペアン』『連続ドラマW 真犯人』『グッドワイフ』(18)と話題作に続々出演する。また、テレビ東京では「リオデジャネイロオリンピック」メインキャスターを務めるほか、『よじごじDays』金曜MCなど幅広く活躍中。 


ホワイトショットLX&MX

リンクルショット


"小泉孝太郎、"総理の息子"が俳優になれたのは「KYでよかった」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント