7.17裕次郎さん命日に幕引き…石原軍団が遺した「金、酒、飯」豪快伝説

 故石原裕次郎さん(1987年没)が設立し、ドラマ「太陽にほえろ!」「西部警察」などヒット作の数々を世に送り出してきた石原プロモーションがその幕を下ろそうとしている。7月17日の裕次郎さんの命日に合わせて関係者向けに発送された挨拶状に来年1月をめどに業務を縮小し、解散する旨が記されているという。所属する渡哲也(78)、舘ひろし(70)、神田正輝(69)は独立。徳重聡(41)、金児憲史(41)らは他の事務所へ移籍する。

 63年の設立から57年、裕次郎さんの遺志を継ぐ石原軍団は東日本大震災の被災地で炊き出しのボランティアを行うなど、本業以外でも社会に貢献し親しまれてきた。

 とにかく豪快なエピソードには事欠かない。東京・調布市の事務所にはドラマ撮影用のパトカー、餅つき機や3000人分の炊飯ができる炊事器などがあり、いつでも出動できる態勢が整っていたことで知られる。裕次郎さんの志である「夢をもて、ロマンを語れ」を亡くなってからも引き継ぎ、そのために金、酒、飯は惜しまないという方針を貫いてきた。

「ど派手なアクションで人気だった『西部警察』では84年までの5年間に車4800台を壊し、建物320棟を倒した。使った火薬は約5トンという凄まじさ。今では到底できませんね」と、往時の石原プロを知る芸能プロデューサーは振り返る。被災地などへの炊き出しではカレーや豚汁、焼きそばを振る舞う一方、取材に来たテレビや新聞、雑誌などの芸能マスコミにも大盤振る舞いであった。

「毎年正月恒例の新年会で取材に来た記者やカメラマンに『よおし、おまえら並べ』と番頭だったコマサさん(故・小林正彦氏)が音頭を取って、札束を取り出すや、1人1万円のお年玉を渡していくのです。もらわないのは失礼と、ほぼ同額の日本酒を買ってお礼に持っていったのを覚えています」(元スポーツ紙記者)

 地方ロケで大変だったときは俳優やスタッフを集めて打ち上げ用の「遊び代」を渡していたという逸話も男所帯ならではだ。

「それも『西部警察』時代のことでしょう。レギュラー出演していた三浦友和さんだけ『僕は女房がいるので、そういうところには行きません』と断ったとか」(前出の元スポーツ紙記者)

 食事は豪勢で量も多く、石原良純は新人の頃、渡哲也らによく高級店に連れていってもらい、そのたびに大盛り飯を食べさせられたという。

「若者にはたくさん食べさせろという方針で、渡辺徹はそれで巨漢になったといわれています」(放送関係者)

「良き昭和の時代に栄えた男たちの夢の集まり」

 そんな歴史に幕を下ろすきっかけが、裕次郎さんの命日である7月17日、一般に弔い上げといわれる三十三回忌を昨年、横浜・鶴見の総持寺で終えたことだ。裕次郎さんの妻で石原プロ代表取締役会長の石原まき子さん(86)はこう挨拶していた。

「故人が極楽浄土に参って、やっとゆっくりできるようになったと思います」

 裕次郎さんが52歳の若さで亡くなった1987年から33年。「石原」の看板を残し掲げてきた名門プロダクションの灯が消える。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言う。

「良き昭和の時代に栄えた男たちの夢の集まり。いつしか時代が変わり、その社風といい、令和の時代には馴染めなかった。もっともその幕を下ろしても、絶滅した恐竜のように数々の逸話が語り継がれているのではないでしょうか」

 泉下の裕次郎さんも「よくやった」と後輩たちを称えていることだろう。 

ロリポップ!レンタルサーバー
お名前.com ドメイン登録

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント