YOSHIKI 「X JAPAN新アルバム」発表失敗の裏事情

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 やはり大スターは話題に事欠かない。8月25日、X JAPAN・YOSHIKIのディナーショーが最終日を迎えた。7日間で自己最多の12公演を開催。公演期間中にはファンとのふれあいで、右手首靭帯の病状が悪化するアクシデントがあったが、満身創痍での完遂がかえって注目を浴びた。

 その約1か月前、8月2日にも“事件”があった。

「YOSHIKIさんは2日、生放送のインターネット番組で“重大発表を行う”と告知していたのですが、生放送中に急きょ発表を断念したのです。“関係者や各所への調整不足があった”という説明でしたが、イマイチ納得がいかない。事前にかなり盛り上げた“重大発表”の告知だったので、ファンも一体何があったのかとザワついていました」(音楽業界関係者)

 収拾がつかない事態にYOSHIKIは、「アルバム関係」のことだったと明かし、「自分がちょっと早とちりしてしまって、いろんなかたに100%確認をとらなかった」と説明した。

 ファンにとって「アルバム関係」という言葉は、大きな意味を持つ。

 X JAPANのアルバムが最後に発売されたのは23年前の『DAHLIA』(1996年)。2008年にYOSHIKIが「新曲入りベストアルバムを発売する」と公言したことはあったが、現在まで「発売決定」と「延期」を繰り返してきた。

「“重大発表”があると言って、YOSHIKIさん自身のコンサートやディナーショーの告知だったというオチが何度もあったので、正直ファンは慣れていたんです。ただ、今回はかなり信憑性があり、“重大度”が高そうだったので、ちょっとした騒動になりました。実際、新曲のレコーディングも数年前に終わっていて、いつでも出せる状況ではあるのです」(前出・音楽業界関係者)

 発売延期の主な理由は、楽曲に対して妥協を許さないYOSHIKIが細部までアレンジを繰り返していることだとされてきたが、今回ばかりは事情が違うようだ。あるレコード会社幹部が言う。

「YOSHIKIさんは今回の重大発表前に、アルバムの発売をメンバーに報告しています。これは今までで初めてのこと。ですが、その報告が発表の直前だった。何も聞かされていなかったメンバーもいて、了承が得られなかったのです。X JAPANはメンバー個々がYOSHIKIさんが統括する音楽出版社と契約する方式をとっています。バンドとしてはこれだけでも異例なのに、なかには契約が切れた後、音楽出版社からの金銭未払いなどを理由に契約を更新していないメンバーもいるとか。複雑な関係のようです」

 そんな中、なぜアルバム発売に踏み切ろうとしたのか。

「来年を見据えた活動の一環かもしれません。YOSHIKIさんは、東京五輪を盛り上げるためにクリエイターたちが情報発信する『ONE TEAM PROJECT』に早くから参加しています。五輪関係のイベントにも出席していました。

 五輪の開会式には、その国の著名ミュージシャンが登場することが多い。五輪を前に23年ぶりのアルバム発売となれば、話題性のあるYOSHIKIさんが指名される、という可能性もあるでしょう」(前出・レコード会社幹部)

 すでにCDジャケットも完成しているという。さらに、今年はデビュー30周年の年でもある。何はともあれ、待望のニューアルバム発売が現実味を帯びてきたようだ。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

POLAホワイトショットは市場で、10年ぶりに新規美白医薬部外品として承認されました。


【POLA】世界でひとつのシワ改善メカニズム、リンクルショット


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント