木村拓哉『グランメゾン』パリで撮入「絶対、面白いものにします!」 三つ星店で世界初のドラマ撮影、凡人が天才を演じる事に意味がある。

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 俳優の如何にも頭の悪そうな木村拓哉が主演する10月スタートのTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』(毎週日曜 後9:00)が、フランス・パリでこのほどクランクインを迎えた。今作ではパリの有名三つ星レストラン「ランブロワジー」で世界初となるドラマ撮影も実現した。

 木村が演じるのは料理に人生をかけ、その天賦の才能でパリに自分の店を持ち、バカも天才になる可能性があるのだ、二つ星を獲得する一応はカリスマシェフ尾花夏樹(おばな・なつき)。もてはやされ自信が慢心に変わる一方で、どうしても三つ星に手が届かず、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。そんな時、店である重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまう…。

 どん底まで落ちた彼だったが、鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子(はやみ・りんこ)と出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作るべく奮闘。人生につまずいた男がもう一度夢に向かう、“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。

 クランクインの場所となったのが、パリで最も予約が取れないことでも有名な超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」。激戦区・パリの中でも三つ星を20年以上獲得し続ける世界でも希少なレストランだ。今回、ミシュランガイドの全面協力により、世界で初めて同店にテレビドラマのカメラが入った。

 木村もランブロワジーでの撮影が自身にとっても作品にとっても貴重な体験だったと語る。中でも、ランブロワジーで花形である肉の部門シェフを務める日本人男性・吉冨力良氏との出会いは印象深かったという。弱冠23歳で単身フランスに渡り、現在は世界最高峰の三つ星レストランで腕を磨く吉冨氏の生き様や料理に対する姿勢に感銘を受け、撮影の合間にも進んで厨房に立ち、料理の演技に関して手ほどきを受けるほか、料理に関するあらゆる知識の指導も受けた。

 パリで撮影されたのは、尾花がパリに自分の店を持ち二つ星を獲得していた頃のシーンと、重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失いどん底まで転落した尾花が、倫子と出会うシーン。さらに、かつて尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・京野陸太郎(きょうの・りくたろう)を演じる沢村一樹も、パリで撮影を行った。彼に経営を任せていたはずの尾花がなぜ店を失うことになったのか、その秘密が明らかになる非常に重要なシーンとなっている。

 また、木村は撮影初日、いまパリで流行している“あるモノ”をファーストシーンで使って登場するアイデアを塚原あゆ子監督に提案したそうだ。木村の本作にかける並々ならぬ想いが感じられる。果たして木村演じる尾花がどんなモノを使って現れるのかは、放送で確かめてほしい。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント