平松愛理 「部屋とYシャツと私」続編の秘話明かす「ゼロから作るより難しかった」

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 シンガー・ソングライターの平松愛理(55)が28日、東京・渋谷のHMV&BOOKSでニューシングル「部屋とYシャツと私〜あれから〜」のリリース記念イベントを開催し、ミニライブと握手会を行った。

 平成の大ヒット曲「部屋とYシャツと私」(1992年)の続編的作品で、結婚する時の女性の気持ちを婚約者に向けて歌った原曲に対し、その後、夫婦として多くの年月を重ねた女性の心情を描いたアンサーソング。原曲と同一メロディーに新たな歌詞を乗せた。

 平松は「あの時の夫婦はどうなったのかと、ぜひ続きを聞きたいという声を色んな方からいただきましたが、そのたび無理ですと言ってきました」と明かした。今年はデビュー30周年、そして令和元年となった節目の年でもあり、「結婚前の赤の他人だった女性と男性が30年たって夫婦になって、子供が生まれて家族になって。やがて巣立っていく背中を見送ったり抱える問題が増えたり…。30周年で書かなかったら、この先はないだろうと。覚悟を持って書きました」と、続編発表への思いを語った。

 2番の「あなた嘘つくとき 右の眉が上がる」の歌詞は原曲と同じで、「そこは残したかった」とこだわりを明かした平松。原曲は2カ月で歌詞を書き終えたが今回、半年以上の期間を要したといい、「ゼロから作るよりももっと難しかった」と、変わらぬ笑顔を振りまいていた。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント