林真理子氏が世界新記録 週刊誌エッセイ連載で「長生きして続けたい」

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 文藝春秋は28日、作家・林真理子氏が「週刊文春」で連載しているエッセイが29日発売の9月5日号で1615回を数え、作家の故山口瞳氏が「週刊新潮」で連載したエッセイ「男性自身」のギネス記録を抜いて世界一となると発表した。

 林氏の連載は「今宵ひとりよがり」、「今夜も思い出し笑い」、「マリコの絵日記」、「夜ふけのなわとび」とタイトルを変えつつ、同誌で小説を連載している時期の休止を挟み、36年間続いている。これまで32冊が文庫化され、文庫累計422万部のロングセラーとなっている。

 林氏は「『週刊文春』からエッセイの依頼をいただいたのは、私が29歳の時でした。『週刊文春』は、ザ・週刊誌というくらい非常に格式の高い週刊誌。私のその後の文筆家人生を左右するくらい、とてもありがたかったことだと覚えています」と回想し、「今回、週刊誌エッセイ世界一の1615回を迎えられたのも、読者の皆さん、そして『週刊文春』の悪口を書いても、寛大に受け止めてくださった編集長のおかげです」と感謝。

 「作家と名乗っていい作品を残したい、認められたいと身悶えした36年間の日常を綴ってきたのが、このエッセイでした」と打ち明け、「これからももうちょっと長生きして、連載を続けていきたいと思います」と、記録更新に意欲を燃やしている。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント