意外な評価? 新海監督「天気の子」はなぜ若者より中高年に好評か

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 8月21日までに興行収入100億円を突破した新海誠監督(46)のアニメ映画「天気の子」。遅ればせながら映画館で見ておくかという読者もいるだろうが、わざわざ足を運んで損した気分になるのはつらい。

 割と評価が一致しているのは「とにかく映像は美しい」という点で、ストーリーについては批判の声も少なくないが、新海監督自身も、さまざまなインタビューで「賛否両論ある方が面白いし、ありがたい」などと話している。

 日刊ゲンダイのアラフィフ記者が見た感想は、青春真っただ中の若者より、むしろ薄汚れたオジサンがハマるかも、なのだが、当然、向き、不向きはある。

「主人公がなぜ、ここでこんなことをするのか、必然性が……などとロジカルに考えすぎるタイプには向かないかもしれません」と、映画誌編集者がこう続ける。

「『考えるな、感じろ』じゃありませんが、あえて言うなら、ストーリーなんて二の次なんです。まず、俺も私もあの頃は意味もなく青春していたな、ドキドキしていたなという胸キュン感を楽しめばいい。それにあの映像美は大画面で体験した方がいいでしょう」

 それを、いちいち「なぜ?」「スポンサーに配慮しすぎ」などとツッコミを入れたくなるタイプには向かないようだ。

「新海監督の前作『君の名は。』同様、ボーイ・ミーツ・ガールの話で、非モテ男の、少女にはこうあってほしいという妄想が全開。女性に対するリアクションも、いちいち過剰です。そんな恥ずかしくていたたまれない若気の至りを、実は内心うらやましいと思っているオジサンには、意外と向くかもしれません」(映画サイト関係者)

 映画評論家のモルモット吉田氏もこう言う。

「『天気の子』は、若者より年配者の方が高評価という面白い現象が起きています。そもそもアニメ好きの今の若者は見る目が厳しい。設定に不備があると『甘い』などと批判的になる。その点、最近のアニメの知識がない中高年は、細かい設定の不備など気にせず、感情的な部分を大事にします。青春ドラマとか映画にも慣れているので、多少の矛盾があっても『青春映画ってそういうものだろ』と素直に受け入れられるようですね」

 上映時間は114分。ちなみにアラフィフ記者は、アッと言う間に見終わった気がした。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント