広末涼子、いきなり遺体で登場…日テレ連ドラ「ニッポンノワール―」

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 女優の広末涼子(39)が、俳優・賀来賢人(30)が主演する10月期の日本テレビ系連続ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(日曜・後10時)で何者かに殺害された刑事として登場することが27日、分かった。番組冒頭から遺体という異例の登場シーンとなる。

 ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」を手掛けた武藤将吾氏によるオリジナルサスペンス。広末は主人公・遊佐清春(賀来)の上司にあたる刑事の碓氷(うすい)薫を演じる。美貌と類いまれな捜査能力から捜査1課のマドンナと称される刑事でシングルマザーとして、9歳の息子を育てる母親の顔も持つ。

 衝撃的な登場シーンに広末は「いつも面白い作品に関わりたいと思っているので、生きているか死んでいるかは全然気になりませんが、今回はインパクトありますよね」と心躍らせている。なぜ、殺されなければいけなかったのか、容疑者は遊佐なのか…。その謎に迫る過程が、未解決の「十億円強奪事件」の真相につながっていく。

 広末は最初に台本を読んだ段階から「かなり、面白そう!」と引き込まれ、出演を決めたという。キャスティングにあたり「誰の亡骸(なきがら)があれば、衝撃的なのか…」と悩んだという同局の福井雄太プロデューサーは「最高の答えを出すことができた」と胸を張る。物語が進むにつれて碓氷の過去が、回想シーンで明かされていく。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント