ヒステリー女の高嶋ちさ子 TV出演激増の訳…長男留学で教育投資7千万円も

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 「めっちゃお金がかかります。男の子はたいていバカ。塾・塾・塾・家庭教師・塾……、月に20万から30万円ぐらいかかります」と息子たちの教育費事情を明かし、共演者たちを驚かせたのはバイオリニストの高嶋ちさ子(51)。8月19日に放送されたトークバラエティ『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP』(TBS系)でのワンシーンだが、連日のようにちさ子の発言がネットニュースで報じられている。テレビ局関係者は言う。

「同じ週では22日に『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)、23日に『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)に出演し、“ちさ子節”を炸裂させ続けていました。今年3月には次男が寂しがって荒れているからと、“仕事セーブ宣言”を発表して世間を驚かせた高嶋さんですが、以前よりもテレビ出演が増えていますね」

出演増加について、ちさ子の仕事関係者は次にように語った。

「ちさ子さんの息子さんが今年春に小学校を卒業した後、海外で留学生活を始めたのです。費用は、これまで払っていた塾代や家庭教師代どころではないようで、ちさ子さんも“仕事のオファーを断っている場合じゃない”と、言っていたそうです。息子さんの留学先はアメリカだと聞いています」

息子たちの教育に関しては妥協を許さない“厳しい母”としても知られているが、12歳で海外留学を命じるのは、かなりのスパルタ教育のように思える。長男は幼いころにチェロを始めたものの、4歳で挫折してしまったそうだが、いったい何を目的にした留学なのだろうか? ちさ子の父であり、音楽ディレクターの高嶋弘之さん(85)を取材した。

――ちさ子さんのご長男が、アメリカに留学中と伺いましたが?

「そうそう春からね。いまは夏休みで、いったん日本に帰ってきていますけど」

――音楽の勉強のためではないそうですが?

「ふつうに勉強のための留学ですよ。実は孫はイェール大学を目指しているんです、私もその話を聞いたときは驚きました」

イェール大学といえば、世界的にも有名な超名門校。ちさ子も桐朋学園大学卒業後にイェール大学音楽学部大学院で3年間学んでいる。

――大学にも進学するとなると、長期のアメリカ生活になりますね?

「そうだね。大学も入れると10年ぐらい向こうの生活になるのかな。頑張ってイェール大学に合格できたら、僕も入学式には出席すると、孫には伝えています」

長男はアメリカでは寮生活を送っているという。海外留学をサポートしている会社『エディクム』の担当者は次のように語る。

「寮の施設を持ち、生徒を24時間体制でサポートする学校の総称をボーディングスクールと言います。イェール大学を目指しているのなら、同じアメリカ東部の学校に行っているのではないでしょうか。学校によって異なりますが、年間の費用は、6万〜7万ドル(約630万〜740万円)ぐらいになります」

10年間なら7千万円!? 確かに仕事をセーブしている場合ではないだろう。ちさ子はインタビューで“教育方針”について、次のように語っている。

《子供たちにいつも言っているのは「打ち込むものを一つ決めてね」ということ。「それが決まったら、ママは全力で応援するよ」って言っています。(中略)私にはバイオリンがあるし、次男はチェロを頑張りたいと言っている。でも長男にはそういうものがない段階。見つかるまではとにかく勉強しなさいと言っています(笑)》(『プレジデントファミリー』'14年10月号)

母の長年の薫陶により、長男は“勉強に打ち込む”ことを自分の道と決めたようだ。弘之さんが続ける。

「(孫は)お父さんもアメリカに留学していたし、ちさ子から大学生活のことをいろいろ聞いていたから、イェール大学をめざすことにしたようです」

――ちさ子さんの教育費には糸目をつけないという姿勢は、ご両親から受け継いだものなのでしょうか?

「僕の考えも亡くなった妻の考えもそうなんですけれど、本人にやる気があるなら教育にお金をかけるのは変に財産を遺すよりも重要なことだと思うんです。孫も一人でのアメリカ生活は、最初は寂しかったようです。だから僕も4月に学校まで行って会ってきました。だけど今ではかなり慣れてきているようで、ちさ子のほうが寂しがっていますよ(笑)」

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント