「名前出せば売れると思ってる?」「舐めてる!」身内の飲食店オープンが批判を買った3人

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 昨今、芸能人が自身の知名度を生かし、副業として飲食店を経営・プロデュースすることは珍しくないが、閉店を余儀なくされるケースがあることも事実。芸能人でも繁盛するとは限らない外食産業に、このたび、木下優樹菜の家族が参入して話題となった。

 木下は7月17日、自身のインスタグラムで、「ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね」と、姉がタピオカドリンク店を開業したことを報告。木下は3人姉妹で、2009年6月15日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコーナー「ビストロスマップ」に揃って出演したこともあり、今回店を開いたのは次女だという。

「木下の告知に、ネットユーザーからは『タピオカ屋って、ブームに乗っただけじゃん』『自分の名前出せば売れると思ってるの?』『流行が去るよりも前に、潰れそう』と辛辣な言葉が上がりました」(芸能ライター)

 元モーニング娘。の辻希美の母親はハンバーガー店を経営しており、辻は自身のSNSでたびたび店の宣伝をしている。

 17年6月9日、辻は自身のブログで「お知らせがあります」と切り出し、「実は…私の母がハンバーガー屋さんをオープンします」と母親の開業を告知。さらに、「夢だったお店が出来上がっていくのを見てすごく嬉しそうな母の姿を見ると、私が今までお世話になった分、これからは母の昔からの夢を全力で応援したいと思いました」とつづって、同月29日には「プレオープン」と題したブログで辻も制服姿を披露した。

「オープン当時はネット上から、『辻ちゃんの名前を使って商売か……』『話題になるのも最初だけだろうね』『飲食業をなめてそう』といった批判の声が上がっていたものの、19年8月現在も営業を続けており、『キッズスペースが充実している』と評判も上々のようです」(同)

 さらに、女優の山田優の弟・山田親太朗がカフェをオープンさせたことを、4月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)がスクープした。

 記事によると、店は都内の一等地にある一軒家で、最寄り駅から徒歩15分ほどの場所にあるといい、1カ月の家賃は60万円ほどだそう。また、メニューにあるオーガニックドリンクや、子連れでも使いやすい個室や店内の家具などのアイデアを提案したのは優とも言われ、店作りには姉も協力しているようだ。

「18年5月19日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演した親太朗は、『仕事は月1回ぐらい』『(家がないので)姉夫妻の家に居候している』ことを明かしたんです。そのような告白もあり、ネットユーザーからは『店の開店資金も姉たちが出してくれたんじゃないの?』『家族が芸能人だから、どうにかなるって甘えが見える』『都内で最寄り駅から15分って、わざわざ行かないかな』などと辛口コメントが寄せられました」(同)

 芸能人の家族が経営する飲食店とあれば話題性は高い。しかし、営業を“継続”していくことは容易ではないからこそ、ネットユーザーから厳しい意見が聞こえてくるのだろう。 

音楽聴き放題ならうたパス! 月額500円

ホワイトショットLX&MX

リンクルショット

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント