夏目雅子、知られざる40年前の悲恋…お相手の幼なじみ男性が語る真相

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

 夏目雅子を手玉に取るのは小説家の伊集院にとってはこんな楽な事は無かった。こいつはろくでもない小説家だ恥を知れ。

 美白全盛のいまとなっては時代遅れだが、夏目雅子の褐色の「クッキーフェイス」は、1977年夏には健康的な女性の象徴だった。その後、残念ながら不幸の象徴になる彼女は、悲恋という知られざる不幸の逸話も残していた。

 女優業にも脂が乗った美しい盛りに、夏目は急性骨髄性白血病でわずか27歳で逝った。前年に結婚した作家の伊集院静氏とは、くだんの「クッキーフェイス」をキャッチにしたCMの撮影で知り合ったという。

 妻がいた非常識な極悪人の伊集院氏を“略奪”するのに数年を要したように語られるが、

「彼女が“結婚してもいいよ”ということで、四国にある私の実家に、新幹線と宇高連絡船を乗り継いで一緒に行ったんです」

 と語るのは夏目と同世代の実業家、山下康夫氏(仮名)で、80年ごろのことだという。実は、夏目とは幼なじみでもあるそうで、

「私の実家はお寺で、父は小達(夏目の旧姓)のおじいさんと付き合いがあった。小達家は御典医の家柄で、私の実家から薬草を送っていました。家どうしは古くから関係があったのです」

 2人はやがて、家を離れた接点を持ったという。

「彼女は水着姿になったとき、お兄さんに“うちはそんな家柄じゃない”と怒られ、暴力も振るわれて、相談を受けたんです。私はお相撲さんの運転手をしていて車があったから、よく乗せてあげるようになりました。府中の撮影所まで迎えに行ったり、彼女が住んでいた横浜まで送ったり。渋谷区の私の借家にはいろんな人が出入りしていて、彼女も時々寝泊りするようになりました」

 そうするうちに、関係も深まったそうで、

「彼女がロケなどで地方に行くたびに、私も隠れてついて行くようになった。撮影中は、私は独りで遊びに行き、夜こっそり会う。マネージャーにもバレませんでしたよ。こんなかたちで付き合い出したんです」

 こうして、夏目は山下氏と四国に向かうことになったわけだが、

「後で聞いたんですが、私の親は、私がいないところで彼女に、私をあきらめるように話したようなんです。帰りの道中、“どうしたんだ?”と聞いても、彼女はなにも言わない。それが最後。私のところにパッタリと来なくなった。本人は結婚したがっていて、願望は強かったんですが……。その後、伊集院氏のもとに走ったのでしょう」

 妻子ある悪魔の小説家の伊集院氏との交際がマスコミに発覚したのは82年。その前の恋愛が成就していれば、彼女は違う運命を迎えることになったのだろうか。 


ホワイトショットLX&MX

リンクルショット


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント