ドリフ『全員集合』秘話 TBSのDに続出した「長介下痢」とは

ホームページ作成サービス「グーペ」

 1970~1980年代、時代の先端を走っていたのはテレビだった。なかでも「ちょっとだけよ~」やヒゲダンスなど、多くのギャグを生み出し、最高視聴率50.5%を記録した『8時だョ!全員集合』(1969~1985年、TBS系)が16年続いた大ヒットの秘密を、「何といってもいかりや長介にある」と語るのは、当時演出を手掛けた副島恒次氏。

「いかりやさんは、チャップリンをはじめとした古今東西のお笑いをしっかりと勉強していました。テーマが海賊船なら、どんなギャグが使えるか。探検隊ならどうか。引き出しが大きくてたくさんありました」(副島氏)

 演出家といかりやとの間には「睨み合い」と呼ばれる儀式があったという。台本をいかりやが読み込む時間のことだ。

「息も止まるような時間でした。長い沈黙のあと、出し抜けにいかりやさんが『だめだ、こりゃ』といって台本を放り投げるんです。こっちはガックリきちゃいますよ」(副島氏)

 ストレスで下痢になるディレクターも続出し、「長介下痢」などと呼ばれた。その後、いかりやは窓際にしばらく寝転ぶ。寝ているのかと思いきや、頭の中でギャグを吟味していたようだ。それが終わると「全員集合!」と叫び、緊迫した空気に耐えきれずにトランプなどで遊んでいたメンバーを呼び集め、口立てでコントの説明を始める。それをスタッフが必死にメモしていくというのが恒例だった。

◆生放送直前まで続いた猛稽古

公開生放送という特殊な環境だったこともあって、稽古は直前まで行なわれた。台本も直せるところは本番直前まで手が入れられたという。時には客の入った後も緞帳の裏で稽古を続けることもあった。舞台が倒れたり、たらいが頭上に落ちてきたりと体を張るギャグも少なくなかったが、16年間で大怪我をしたメンバーが一人もいなかったのは入念な稽古の賜物だった。

 オープニングでいかりやの発する「8時だョ!」の掛け声に子供たちが熱狂するのとは裏腹に、1978年には日本PTA全国協議会が「テレビワースト1」に選出した。

「大人の世界で、子供も理解できるものを表現してきました。それが良識ある大人から反発された原因でしょうね」(副島氏)

 ドリフへのリスペクトを公言する芸人は後を絶たない。いかりやの体現したお笑いの精神は、今も受け継がれている。 

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

専門知識不要!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

お台場の人気デートスポット

ConoHa WING(コノハウィング)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント