改革は吉と出るのか…NHK朝ドラ「週5日化」これだけの懸念材料、民放は憎くてしょうがないNHKをぶ潰す事が出来るか。

ホームページ作成サービス「グーペ」

 広瀬すず(21)主演のNHK朝ドラ「なつぞら」は平均視聴率20%超えで依然好調をキープしている。その朝ドラは来春放送の「エール」(窪田正孝主演)から現在の週6日(月~土曜)から週5日(月~金曜)になることが明らかになった。そのため、「なつぞら」の156話に対して、「エール」は130話になる見通しだ。

「2013年の女性記者の過労死が発端で、NHKでは近年、働き方改革が進んでいます。朝ドラや大河の制作現場ではスタジオ収録を原則午後9時までに終えることを徹底。大河ドラマは19年の『西郷どん』から全話の放送回数を減らしています。朝ドラもその流れを受けたのでしょう。土曜日の朝ドラの視聴率は平日に比べて低いですしね」(テレビ局関係者)

 働き方改革や視聴者のニーズを判断しての変更のようだが、テレビ解説者の木村隆志氏は「週6回の視聴習慣がある人にとっては残念で迷惑な話です」と語り、こう続ける。

「帯番組で一番大切なことは接触回数による愛着です。2日間空くと、仕事と同じで月曜日の入りが難しい。盛り上がっていたテンションも維持できない。視聴者の朝ドラに対する愛情は減り、視聴率も下がるかもしれません。また、脚本家やプロデューサーへの影響もある。月曜日にタネをまいて、土曜日に感動させる流れがあったのですが、リズムが変わって、クオリティーが悪くなる恐れもあります」

 NHKの木田幸紀放送総局長は24日の定例会見で〈(「エール」からスタートする)超高精細映像の4Kは収録や編集作業に時間がかかる〉〈スタッフや出演者が疲れ切った状態ではなく、存分に力を出してもらう〉と週5日化になる理由を述べた。

 しかし、「なつぞら」では人気者の広瀬をはじめ歴代朝ドラヒロインが続々と登場するように、豪華俳優陣の出演が週5日化を“後押し”した要因でもあるようだ。

「週6回放送が維持できたのは昔の朝ドラはオーディションで見つけた無名俳優の起用が多かったからです。しかし、今は主演を筆頭に人気者の起用が少なくない。次回の『スカーレット』主演は戸田恵梨香さん、『エール』の主演は窪田さんと今後も売れっ子の起用が続きます。人気者は引く手あまたで拘束時間が限られてくる。今後も“大物”へのオファーを続けるために俳優の負担を減らす週5日化に舵を切ったのでしょう」(木村隆志氏)

 果たしてこの改革は、吉と出るか凶と出るか、見ものだ。 

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

専門知識不要!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

お台場の人気デートスポット

ConoHa WING(コノハウィング)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント