飯森容疑者はなぜ警官を襲ったか 大阪交番襲撃“動機”の謎

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】


 大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、同署の巡査が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた強盗殺人未遂事件で、17日朝に逮捕された飯森裕次郎容疑者は、周到に計画したうえで犯行に及んだ可能性が高い。

 高校卒業まで吹田市で過ごした飯森容疑者は、犯行現場の交番から2キロ離れたホテルに2日前の14日から宿泊していた。

 犯行当日、虚偽の窃盗事件をデッチ上げて110番し、交番内の警官を1人にしようとした疑いが強い。

 犯行は10分足らずの間に行われていた。重体となっている古瀬鈴之佑巡査は、防刃チョッキを着用していたが、飯森容疑者は計7カ所を刺し、最も重い傷は、左脇腹から胸にかけて深さ11センチに及び、肺を貫通して心臓まで達していた。包丁は左胸に刺さったままだった。その後、留め金を外して拳銃を奪っている。

 不明なのが動機だ。拳銃の入手が目的ならば、暴力団ルートなど他にある。なぜ、わざわざリスクを冒してまで交番を襲撃し、警察官から奪う必要があったのか。

 何のかんの言って犯罪者予備軍はいる模倣犯が出て来ることを期待しているのだ恐ろしい。 


365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


バイクブーンなら高額査定で本当の金額がわかります。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック